スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「触診重視の腰痛症治療(運動療法) 〜セラピストができること〜」

                 
平成26年3月初旬  運動器リハ(基礎)Vol.6

「触診重視の腰痛症治療(運動療法) 〜セラピストができること〜」 のご案内
                                     
 機能解剖学的触診技術、整形外科運動療法ナビゲーションの著者、編集をされています
整形外科リハビリテーション学会  
常任理事      鵜飼 建志 先生
常任理事兼事務局長 岸田 敏嗣 先生 をお招きします。

鵜飼先生よりメッセージを頂いています                                             
 「腰痛症とひとまとめで言いますが、本来、腰痛症とは腰が痛いという症状、もしくは腰痛を引き起こす疾患をまとめた総称 です。したがって、どんな腰痛症にも有効だというアプローチ方法はありません
また診断名が同じだからといって、痛みが出る原因までがすべて同じではありません
投球障害肩などと同様に、個々の持っている問題点を丁寧に評価し、それぞれの問題に応じた治療をオーダーメイドで実施する必要があります
このオーダーメイドの治療を行うためには、触診技術なしには不可能です
評価と治療に不可欠な触診技術を習得した上で、それを治療技術に繋げて行きましょう
触診技術を習得することで、やってるつもりではなく、やれていることをモニタリングしながらの評価と治療ができるようにしていきましょう!
また再発予防のためには腰に負担がかかる原因を見つけ、腰への負担を減らすためのアプローチも必要です
腰に負担をかける原因として関連性の高い胸郭と下肢筋へのアプローチも併せてお伝えする予定です
治療と再発予防の二本立てで、腰痛症患者の診療を楽しいものにして行きましょう!

                                                
                      - 記 -

運動器リハ(基礎)勉強会 第6回 

テーマ「触診重視の腰痛症治療(運動療法) 〜セラピストができること〜」

日時:平成26年5月17日(土)  14:30~18:30
日時:平成26年5月18日(日)  9:30~15:30



講師: 鵜飼 建志 先生 中部学院大学 リハビリテーション学部 准教授   
  整形外科リハビリテーション学会常任理事(ホームページ→http://www.seikeireha.com/
  整形外科リハビリテーション学会スポーツ支部代表
  元中日ドラゴンズメディカルコーチ

資格
 理学療法士
 日本理学療法士協会認定骨関節系専門理学療法士
 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者
 水中運動指導士
執筆
 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション上肢 メジカルビュー
 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション下肢・体幹 メジカルビュー

定員 :40名程度予定 
対 象:理学療法士、作業療法士 等    
会 場 麻生リハビリテーション大学校   
受講料 :土曜日のみ 7000円 両日13000円
     
(申し込み方法)下記URLより申し込みお願い致します
  キャンセル待ち中
※ご不明な点・ご質問がありましたら、GT勉強会事務局宛「ygt_reha@yahoo.co.jp 」
担当中村までご連絡ください
申し込み後、自動返信メールが届きます。届かない場合もご連絡下さい
スポンサーサイト
プロフィール

Green Tea

Author:Green Tea
基礎からしっかりと積み上げた知識・技術を身につけることを志とした理学療法士の仲間が集い結成された会です。 基礎を大切にした勉強会を開催していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。