スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝先生による勉強会終了!!

先生によるTherapeutic touch~ 触れる知識と技術~』
 ~患者に触れることを再考するといった内容で、骨格筋を中心に、治療者としてのタッチについて~
ご参加された受講生の皆様、お忙しい中お集まり頂き有難うございました。
私どもがお願いしていたイメージ通りに熱い内容でした。そして、基礎の重要性、筋の重要性も踏まえて頂きました。やはり、筋を触るということは私たちが今何をしているのか?を理解するためには必須条件だと思えたのではないでしょうか?
そして何より私の印象に残りましたのやはりPT、OTとしてどうあるべきか!セラピストとして、の心構え、そのためのEBPT!
「的確な臨床的推論の上に行われる訓練はシンプルであり、患者の負担を最低限に抑えることができる」この言葉は大変深いものだと思います。実際、実技で私たちのTouchの方法にて変化が現れるのを改めて実感できたと思います。それもたった数秒で・・・。
いろんな手技がありますが、それは何のためにあるのか!と考えさせて頂ける内容だと思います。
ROM、筋力増強というキーワード、その重要性、何より私たちの原点「患者を診ること」を再認識できたのではないでしょうか?

受講生の皆さんも食い入るように講義・実技を受けていたのが印象的です。
アンケートでも「2時間があっという間に終わった。またやってほしい」という要望も頂きました。
すぐにとは言えませんが、またぜひ祝先生にお願いしたいと思っております。
この度は祝先生にはお忙しい中このような貴重な時間を与えていただきありがとうございます。
今回の気持ちを忘れずに臨床を頑張らせていただきます。
私も臨床でこれからもがんばって患者さんを診れるよう努力したいと思います。

私どもGreen Teaはこのような形で勉強会を開かせて頂きております。
もし、要望がありましたらygt_riha@yahoo.co.jpにご連絡ください。
よろしくお願いたします。

Green Tea 中村 誠志


運動器リハ勉強会終了!

H22年 7月3日、4日の運動器リハ勉強会どうにか終了!!
不慣れな私どもに対してみなさまのアドバイスを頂きながらどうにか無事終了しました。

私としてはH21年12月から鵜飼先生、岸田先生と連絡を取らせていただき、基礎からの勉強会を半年以上温めて来た企画でした。その企画はやっと表舞台に立つことができました。
素直にこの企画が現実となるとは正直おもっていませんでした。その背中を押して頂いた鵜飼先生、そして一緒に頑張ろうといってくれた山崎先生のおかげです。
しかも、なんとさらなる 重大発表です!
H22年10月23(土)、24日に第2回 仮題:肩 が予定です!!

今回の受講生のみなさんには実技の際アシスタントの先生が足りない現状でした。
もっと、実技を、もっとアドバイスを受けたい、そんな思い、提案がありアシスタントの先生を増員することを計画しています。その場合はですが、今回の料金設定はで限りなく不可能です。つまり料金設定をUpすることになります。
アンケートの中ではそれでも参加したいといううれしい結果を頂きました。
ですので、整形リハ学会の先生方の都合を伺いその方向で考えていきます。
できるだけ努力して大幅な料金増加にはならないよう努めていきますのでぜひ予定を空けられてください。
なお、今回参加していただいた先生には「特典」ではないですが、早期に申し込みを優先させようと思っております。
ぜひご検討ください。 Green Teaではありませんが一緒に成長していく仲間として頑張っていきましょう!

IMG_0515_convert_20100704221312.jpg
最後に、山崎先生に鵜飼先生と岸田先生と一緒に写真を撮ってもらいました!!
やった、記念です。
本当に、鵜飼先生、岸田先生にはお世話になりました。
この場を借りてお礼を再度言わせていただきます。
ありがとうございます。
また、受講生の皆さん参加して頂きありがとうございます。
失敗もあったけど一生懸命頑張ってくれたスタッフ一同ありがとうございます。
また一緒に頑張っていきましょう!

「基礎から積み上げる臨床バイオメカニクス Vol3」 終了

勉強会風景
「基礎から積み上げる臨床バイオメカニクス Vol3」 5月19日 終了
大牟田の済生会病院にて九州看護福祉大学の加藤先生によるGT勉強会が行われ、
今回のテーマは、重心の復習と応用編を実技を交えながらしていただきました。
重心と支持基底面を使った介助方法などを教えていただき、参加された皆さんの驚かれている様子、真剣な眼差しが私としては印象的でした。
なかなか、このような講義・実技が私が学生のころはなかったこともあり無理なお願いを聞いて頂き、このコースの勉強会を快諾していただいた加藤先生には大変感謝の気持ちでいっぱいです。
いままでの勉強会は座学が中心でしたので今回は活気がある雰囲気でしたが、いままでの基礎があってこそという流れですので参加された方に納得されたのではなかと思います。

また、今回はなんと九州看護福祉大学の卒業生が3人も参加して頂きました。
個人的にはなぜかうれしい気持ちです・・・・なぜでしょうか。 その一人で今回も参加してくれたのは私どもの医院に実習にきた水村君です。今後も一緒に勉強していけたらと思います。
最後に、来月6月16日【水】に床反力の勉強会があります。
随時申し込み可能ですのでよろしくお願いします。



 

大牟田勉強会にて呼吸の実技をしてきましたw 

本日、中村が呼吸の実技(評価)を大牟田の勉強会にて発表させていただきました。
このような機会を頂きありがとうございます。
いや~呼吸の復習することで改めて呼吸って難しいなぁと痛感しました。
やはり、基礎・解剖・運動学も含めてまだまだ未熟だなぁ・・・と。
でも、素直に楽しかったです!! やっぱ、呼吸リハすきだなぁ・・・・と勝手に思っています。
あまりにもぐたぐたで・・・参加してくれた方には申し訳なかったです。
でも少しは呼吸のおもしろさが伝わってくれたらそれだけでも勝手に満足です。すいません。
実技をしているとき参加してくれた先生方はあ~でもない、こ~でもないと苦戦している姿をみていると呼吸リハを勉強していたときを思い出しました。 

私に呼吸リハの必要性、難しさを教えてくれた患者さんがいます。その方は新米であった私の呼吸リハをすることで
楽になった」と笑顔をみせてくれました。それがどんなにうれしかったか。そして未熟であった私を信頼しくれました。だから、頑張らないとと思いその後もその方に何か理学療法士として何かできないのか?と研修にいきました。 
その人は私が退職してなくなられましたがその方のおかげで私はいまも理学療法士として頑張ることができます。
いまもその気持ちは忘れていません。忘れてはいけないと思っています。 

今後も努力して整形の運動器疾患にもっと呼吸をコラボできるよう頑張っていきます。
患者さんの「笑顔」のために♪

私達は必ず呼吸をしている、だから、必ず呼吸の疾患に限らずすべての患者さんに対応できると思っています。
もし、アドバイスありましたらよろしくお願いします。

呼吸リハに関する実技を! in 大牟田

 H22年5月13日に大牟田の勉強会にて呼吸の実技をすることになりました。
以前、呼吸に関しては勉強していましたが、呼吸で発表などもありませんし、ここ最近は整形に所属していることもありメインではすることがなくけっこう忘れていますが。
 ただ、呼吸というものは人にとっては絶対条件ですので運動器疾患にかかわらず、どの疾患に於ても重要だと考えています。ですので、現在は評価を中心に運動器に活用できないかとよく考え実行しています。そのような視点でみるとやはり重要だなぁと痛感している最近です。
 
 今回の勉強会を通して再び呼吸を少し復習していますがやはりおくが深いと思います。まだまだ未熟ですが、木曜日は頑張って実技を行っていきたいと思います。
 これに関していずれ呼吸の全国的に有名な先生に来ていただいて呼吸について基礎からやっていただこうと計画を立てています。もし、これを見た方がいればご意見をお願いします。ニーズが高ければ早めに実行したいと考えています。
 よろしくお願いします。 
プロフィール

Green Tea

Author:Green Tea
基礎からしっかりと積み上げた知識・技術を身につけることを志とした理学療法士の仲間が集い結成された会です。 基礎を大切にした勉強会を開催していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。